〒390-0852
長野県松本市島立825-1 
アウルビル2F
TEL:0263-40-4030
FAX:0263-40-4031

VOICE

先輩社員の声

> 採用情報 > 先輩社員の声

始まりは「タイピングが早かった」
VOICE 01

システム企画開発部

プログラマ(2014年入社)

私は高校時代から就職先はIT系にしようと思ってました。進路を決める段階で自分の適性を考えたときに、自分がタイピングが早いことに思い至りまして。タイピングが早いなら、これはプログラマーしかない、と(笑)。そこから情報処理の専門学校に進学して、新卒採用でアルテックスに入社しました。入社した動機は何より、地元だったからです。就職活動時には東京の会社も受けたのですが、「地元の会社に入れるなら、それに越したことはない」と思って結構粘りました。土地柄、システム系の会社は多くないですからね。

技術<コミュニケーション

専門学校時代から仕事をするにあたって「コミュニケーションは大事」と教えられてきたのですが、入社してみると思っていた以上に重要でした。お客様の事業所で作業を行うことも多いですし、ユーザー様の目線で考える上でも必要なこと。学生時代は「技術≧コミュニケーション」と考えていましたが、今は「技術<コミュニケーション」です。

優しい会社?

プログラマとして入社して6年(2020年現在)。今ではたまにSE的な仕事もしています。ただ、まだ未熟だと感じる部分もあって、たとえば、ユーザー様の目線になって考えられないときがあります。自分ではなかなか気づきづらいことですが、先輩たちの指摘で気づくことができて、個人的な課題になっていますね。そういう指摘をくれる先輩たちは、優しいですよね。そもそも、社長もそういう人ですし、そういえば、メンバー全員、優しいかもしれません(笑)。

社員一人ひとりが主役
VOICE 02

システム企画開発部

システムエンジニア/
サブマネージャー
(2013年入社)

私はシステム系の会社に何年か勤務して、今の職場に転職しました。実は、転職の際に大手企業に行くか、弊社規模の企業に行くか結構、悩んだんですよ。その時に決め手になったのは、ホームページの社長の挨拶文に書いてあった「社員一人ひとりが主役」という言葉でした。もちろん、一概には言えませんが、社員が駒として扱われがちな大手企業よりも、その言葉に惹かれましたね。

自身で考え動くこと

実際に入社してみると、挨拶文の通り、社員の自由度が高い会社でした。もちろん、その分の大変さもあります。言われたことをただやるのではなく、自身で考えて動くことが必要です。ただ、私の性分には合っていました。お客様に提案しつつ、一緒に開発を進め、最後はお客様と一緒にテストをして、実働が開始した瞬間はやりがいを感じますね。それはアルテックスに入社してよかったと思う瞬間でもあります。

サブマネージャーという仕事

入社してからしばらくは、客先業務中心で社外に出ていることが多かったのですが、その間にメンバーが増え、彼らのサポートをしているうちに、気が付いたらサブマネージャーになっていました(笑)。サブマネージャーはプロジェクトマネージャーと開発陣の中間に立つ仕事、そして、私たちの業態自体もお客様とIT技術の中間に立つ仕事です。その分、悩むことが少なくない仕事ではありますが、コミュニケーションの機会が多いのは楽しいですね。

プログラムは未経験
VOICE 03

システム企画開発部

プログラマ/デザイナー(2018年入社)

私は短大から新卒でアルテックスに入社しました。大学ではパソコンを使う機会が多く、関連する資格もたくさん取得したので、これらを生かせる場所として、IT業界に挑戦してみようと思いました。今の職場とは合同企業説明会で出会いましたが、その時の私はプログラムミングの勉強はしていなかったので、魅力を感じつつも、不安なことはたくさんありました。

社員の温かさ

その場で、プログラムは未経験であることをお伝えすると、担当の社員の方々(今の先輩たちです)は「未経験でも大丈夫ですよ」とおっしゃってくださいました。それで、不安がなくなったわけではありませんが、それ以上に、温かい対応をしていただいたことが印象に残り、入社を決意しました。

日々勉強

経験も浅いので日々勉強です。入社当時は本当にわからないことばかりでしたが、先輩たちの温かいご指導により、比較的早い段階から実務に入ることができました。未経験だったからなおさら感じることなのかもしれませんが、自分が作ったプログラムが動いているのを見ると今でも感動しますね(笑)。

松本の地元地域で
VOICE 04

システム企画開発部

システムエンジニア/
サブマネージャー
(2009年入社)

私は高校を卒業してから地元を離れ、20代半ばくらいまでアルバイトをしてました。結構、いろんな仕事をしましたよ。設備屋さんとかカラオケ店の店員とか。それはそれで楽しかったんですけど、「そろそろ定職に就かないと」とふと思いまして(笑)。地元に戻って就職活動をして、アルテックスと巡り合いました。

基本姿勢

もともと関心があったので、IT業界に絞って就職活動をしていたのですが、今の職場を選んだ理由は業種よりも「個(各社員)を大切にする」「地元地域での活動に重点を置く」という基本姿勢に魅力を感じたからですね。面接をしてくれた社長と現在の上司の柔らかい人柄にも惹かれました。特に社長はいわゆる「社長」って感じはしないです(笑)。親しみやすい方で、社員との距離も近いので、みんな、名前で呼んでます。

お節介

入社当時はプログラムの実務経験はなかったのですが、11年もいるとさすがに中堅どころになってきますよね(笑)。最近は、開発よりもマネジメント系の業務が増えてきました。社員の指導もそのひとつなのですが、歳のせいかお節介になっちゃって、全部教えたくなるんですよ(笑)。でも、自分で考えて気づくという過程も大事なので、そこはバランスを取りながらやってます。私自身もまだまだスキルや知識を磨いていきたいと思っているので、共に成長していきたいとも思ってますね。

お問い合わせ
CONTACT